見つめる効果


何かを見つめることには何らかの効果がある。


そう感じる時がある。


例えば、


誰かの書いたレポートや提案書、有名な画家が描いた絵画やピューリッツァー賞受賞の写真をずっと見つめていると、


自然に訴えたいことや問題点、美しい点、見えなかった関連性、改善点、そんなものたちが浮かび上がってくることがある。


限られた時間で膨大な情報量を処理しようとすると一つの対象物にかけられる時間はどうしても短くなってしまう。


現代社会ではいつの間にかそれが当たり前になり、一瞬のうちにどれだけ多くの情報をどれだけ正確に取り込めるかが重要になっている。


一つのことに時間をかける暇はない。


しかし、


それが失わせてしまっていることがあることも覚えておきたい。


もっともっと見つめること。


時間をかけて何かを見つめ続けることで見えてくるものがある。


まずは、


恋人や妻、夫を見つめることで新しい発見をするのがいいかもしれない。