読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充満しつつある感覚

 
 
充満しつつある。
 
 
そんな感覚がし始めた。
 
 
充満というのは少し大袈裟かもしれないけれど、していることの一つひとつに意味があり、どこかに通じている感覚が生まれ始めている。
 
 
小石を池に投げ込むのは無意味に思えるけれど、
 
 
確実に、絶対的に、
 
 
底に沈んだ小石は水かさを上げる。(池に投げ入れる石
 
 
一度はしぼんだ気球に少しずつ、少しずつ
 
 
ヘリウムガスが入り始めている。
 
 
充満し始めている。
 
 
そんな感覚が強くなりつつある。
 
 
池から水が溢れる時を、
 
 
気球が大空に舞い上がる時を、
 
 
待っている。