読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3週間の壁

 

今月に入ってから継続や習慣の大切さやパワーについてよく考えている。

 

目標の立て方

低過ぎる目標

連勝の価値

毎日の力

毎日の覚悟

ベイビーステップ

3分の効力

カタパルトの役割

千里の道

 

今日はその続編と言おうか、スピンオフと言うべきか、という話をしたい。

 

良い習慣が良い結果、とてつもない成果に繋がる秘訣であることはこれまで何度も繰り返してきた通り。

 

なら、どうすれば良い習慣を作れるのか、も、毎日低過ぎると感じられるような目標を設定し、それをとりあえずやっつけていく、が大事と書いてきた。

 

今日は、その毎日やっつけていくことをどれくらい続ければ習慣になるかということを考えてみたい。

 

いきなり結論になるけれど、

 

ズバリ3週間だ。

 

どこでいつ誰に聞いた話かは覚えていないけれど、いつの頃からか3週間という期間が頭の片隅にこびりついていた。

 

とは言っても、3週間は決して低い目標ではない。

 

むしろ最初から21日間続けようというのは高い目標だ。

 

やはり大事なのは「毎日」であり、とりあえず「毎日」やるべきことをやればいい。

 

それでいい。

 

そして、後から振り返った時に、3週間続けられれば、習慣となり、継続することが当たり前になり、やめることが気持ち悪くなる。

 

それが臨界点と言えそうだ。

 

3週間の壁

 

それを乗り越えたからこそ今も毎日走り続けられている。

 

今日は38分走った。

 

距離はたったの5キロに満たない程度だけれど、

 

なんか気持ちいい。

 

このブログ同様拙いながらも毎日続けていきたい。

 

続けていこう。