読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点に返る

 

スランプに陥った時に基本に帰る。

 

そう昨日のブログに書いた。(基本に帰る

 

自分の中にある「基本」がしっかりしていて、そこにさえ帰れば、調子の悪い理由が「基本」に基づいて修正され、スランプから脱出できることが多いから。

 

とは言え、万能ではない。

 

そこで修正されるのはあくまで"how"(=方法)だけ。

 

問題が方法論に留まらない根の深いものであれば、原点まで遡らなければならない。

 

自分が誰でどこから来てどこへ向かおうとしているのか。

 

自分を形作ることになったものは何なのか。

 

自らの原点を探る、原点に返る必要がある。

 

 

最近ふとしたきっかけで「ジョジョの奇妙な冒険」の第一部「ファントムブラッド」と第2部「戦闘潮流」を数十年ぶりに読み直している。

 

 

こういった忘れていたフレーズを思い出して胸が熱くなる。

 

 

「三百年たった世界の友人よ。おまえの名を聞かせてくれ」

 

ジョナサン・ジョースター

 

「ジョナサン・・・このおれの剣に刻んであるこの言葉をおまえに捧げよう! LUCK!(幸運を) そして君の未来へこれを持って行け! (血でLの前にPを書き)

PLUCK(勇気をッ!)」

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

波紋の師匠であるツェペリが死ぬシーンで

 

「わしは最後に自分の全てを伝えた・・・ジョジョ・・・おまえはわしの希望だ! まるで親友と息子を同時に持ったような気持ちだぞ。そしてわしはこれからおまえの中で生きるんじゃ・・・」

 

愛してその人を得ることは

最上である・・・

愛してその人を失うことは

その次によい

 

ウィリアム・M・サッカレー

19世紀英国作家

 

そしてジョジョはまた受け継ぐ彼の生き方とその精神を・・・