読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタクロースはいるのですか?

 

今日はクリスマスイヴ。

 

サンタクロースを世界中の子どもが待ち焦がれている。

 

そんなサンタクロースと子どもにまつわる話で最も古く、また心が打たれる話の一つが100年以上も前にアメリカの新聞「ザ・サン」に掲載された少女からの手紙とその回答である。

 

こんにちは、しんぶんのおじさん。
わたしは8才の女の子です。
じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。
パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。
サンタクロースはいるのですか?

ヴァージニア・オハンロン

 

ヴァージニア、それは友だちの方が間違っているよ。
きっと、何でも疑いたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。
自分のわかることだけが、全部だと思ってるんだろう。
でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、何もかもわかるわけじゃない。
この広い宇宙では、人間って小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことを全部わかろうとするには、まだまだなんだ。

じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。

愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、人の毎日は、癒されたり潤ったりする。
もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。
ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごく寂しいことなんだ。

サンタクロースがいないってことは、子どもの素直な心も、つくりごとを楽しむ心も、人を好きって思う心も、みんなないってことになる。
見たり聞いたりさわったりすることでしか楽しめなくなるし、世界をいつもあたたかくしてくれる子どもたちの輝きも、消えてなくなってしまうだろう。

サンタクロースがいないだなんていうのなら、妖精もいないっていうんだろうね。
だったら、パパに頼んで、クリスマスイブの日、煙突という煙突全部を見はらせて、サンタクロースを待ち伏せしてごらん。
サンタクロースが入ってくるのが見られずに終わっても、なんにもかわらない。

そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。

ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、だれの目にも見えないものなんだよ。
妖精が原っぱで遊んでいるところ、だれか見た人っているかな? うん、いないよね、でもそれで、いないって決まるわけじゃない。

世界でだれも見たことがない、見ることができない不思議なことって、だれにもはっきりとはつかめないんだ。
あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音を鳴らしてるってことがわかるよね。
でも、目に見えない世界には、どんなに力があっても、どれだけたばになってかかっても、こじ開けることのできないカーテンみたいなものがかかってるんだ。
素直な心とか、あれこれ逞しくすること・したもの、それから、よりそう気持ちや、だれかを好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、その向こうのすごくキレイで素敵なものを、見たり描いたりすることができる。

うそじゃないかって?ヴァージニア、いつでもどこでも、これだけ本当のことなんだよ。
サンタクロースはいない?いいや、今このときも、これからもずっといる。
ヴァージニア、何千年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。

 

ニューヨーク・サン紙社説(担当:フランシス・ファーセラス・チャーチ) The New York Sun (written by Francis Pharcellus Church) 大久保ゆう訳 サンタクロースはいるんだ Yes, Virginia, There is a Santa Claus

 

うちの子どもたちもどうやらサンタさんへの手紙をしたためているよう。

 

何度も危機を乗り越え(?)、小学4年生の娘はまだ信じている・・・はず。(あれ、中1の息子も?!)

 

いや、我々も信じている。

 

なぜなら目に見えるものが全てではないのだから。

 

目には見えないものの力を我々は信じているのだから。

 

f:id:norio373:20161225005003j:image

f:id:norio373:20161225005014j:image

f:id:norio373:20161225005202j:image