読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

念を込める

 

あるラーメン屋さんの前を通りかかった時のこと。

 

どうぞお入り下さい

 

手書きの大きな看板をお店の入り口に出していた。

 

f:id:norio373:20161228181135j:image

 

その時の立てかけ方が優しく、慎重で何度も何度もやり直しをしていた。

 

心を込めているようで、念を込めているようで、

 

もし自分が店長でも、オーナーでも同じようにするだろうと思った。

 

汗水垂らして働く場所、人生をかけ夢の実現に挑戦する場所、その場所を自分の思う通りにするために念を込める。

 

客観的にはそう思えるのに、

 

肝心の自分の生活や人生にはどれだけ真剣に念を込められているだろうか、

 

そう自問自答して、

 

反省した。

 

今の心を捧げよう

 

そう思った。