読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境を守るために

 

環境を守ることが大切ということは誰もが知っている。

 

それも一つの結論。

 

大事なことはそれを物語にして話すことであり、聞かせること。

 

小学四年生の娘が学校のグループ課題で取り組んだ作品が市の展覧会に入選した。

 

f:id:norio373:20170304111125j:image

f:id:norio373:20170304111149j:image

f:id:norio373:20170304111241j:image

f:id:norio373:20170304111300j:image

f:id:norio373:20170304113400j:image

 

世界は広いけれど、西宮市も案外広い。

 

優秀作品が壁一杯に並んでいる。

f:id:norio373:20170304111322j:image

f:id:norio373:20170304111354j:image

f:id:norio373:20170304111420j:image

f:id:norio373:20170304111441j:image

f:id:norio373:20170304113434j:image

 

世界からもたくさんの作品が届けられた。

f:id:norio373:20170304225556j:image

f:id:norio373:20170304225917j:image

f:id:norio373:20170304225932j:image

 

個人のポスターも興味深い。

f:id:norio373:20170304191027j:image

f:id:norio373:20170304191051j:image

f:id:norio373:20170304191100j:image

f:id:norio373:20170304193407j:image

f:id:norio373:20170304193520j:image

f:id:norio373:20170304224949j:image

 

ここでもまた結論、正論をそのまま伝えるものよりも物語を意識させるような、背景や未来を想像させるような作品に心が吸いつけられた。

 

自分の頭で考えることが全ての始まりになる。

 

センスのあるなしは関係ない! 

 

f:id:norio373:20170304193716j:image

 

帰り道にある小学校のフェンスに貼られていたポスターがシュールでこれまた心を惹きつけられた。

 

環境を守るためにできることは意外に色々ありそうだ。