読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい加減にする

 

それなりに混雑している電車に乗っていた時のこと。

 

筆者は立っていて、本を読んでいるといきなり見知らぬおじさんから怒鳴られた。

 

「もういい加減にして下さい!」

 

全く心当たりがなかったので半ば睨みつけるようにおじさんを見据えると、驚愕の事実が判明した。

 

筆者が読んでいるハードカバーの本から垂れ下がった栞(しおり)の紐の先っちょがおじさんのハゲ頭をふらぁ、ふらぁと擦っていたのだ。

 

新快速の座席は昔ながらのボックス型になる可動式で進行方向に向かって座るタイプ。立っている人と座っている人の距離が近いということもあるからなのだけれど、それにしても間が悪かった。

 

それに気づいた瞬間、睨みがちだった目が謝罪の目に変わり、「あ、ごめんなさい。すみませんでした」に変わった。

 

我ながら変わり身の速さに感心したくらい(!?)。

 

たとえ意図的でなかったとしても、おふざけはいい加減にしなければならない。