読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の杖

 

魔法の杖はない。

 

時に魔法のような出来事が起こって、それを起こした人を魔法使いのように感じるれことがあるけれど、それは単なる誤解。思い過ごし。

 

自分の至らなさを棚に上げて、その人の陰の努力や苦労を見ようとしていないだけ。

 

それでも他の誰かに自分が魔法の杖を持っていると思われるのはまんざらでもない。(なんていやらしいんだろ)

 

そのために何ができるだろう?

 

そこにもまた魔法の杖はない。