引き潮の楽しみ方


寄せては引くのが波。

 

満ちれば引くのが潮。

 

攻めの後は守りの回が来る。

 

それが当たり前。

 

プラスとマイナスは常にセットになっていて、プラスばかり続くことはないし、マイナスが永遠に続くこともない。

 

昼が終われば夜が来る。

 

明るい昼だけでは一日にならない。

 

かと言って、明けない夜もない。

 

引き潮時には引き潮の愉しみがあるだろうし、守りの回に身につくスキルもある。夜の楽しみもあるし、マイナスの世界で育つものだってきっとある。

 

引き潮を悲しむのではなく、引き潮だからこそできること、楽しめることを見つければいい。

 

砂の城作りは最高だし、潮干狩りだって楽しめる。引き潮で見つかる生物たちは簡単に捕まえられるし、満潮の準備だってできるはず。

 

ないことを悔やむのではなく、あるものに目を転じればいい。

 

引き潮の達人になれれば、満ち潮ももっと楽しめるのだから。

 

 

広告を非表示にする