飽きない秘訣

 

飽きるのは自分の成長が止まっているから

 

なかなか簡単には手に入らないようなものほど欲しくなるものだ。

 

しかし、いったん自分のものになり、少しばかり時間がたつと、つまらないもののように感じ始める。それがものであっても人間であってもだ。

 

すでに手に入れて、慣れてしまったから飽きるのだ。けれどもそれは、 本当は自分自身に飽きているということだ。手にいれたものが自分の中で変化しないから飽きる。すなわち、それに対する自分の心が変化しないから飽きるのだ。つまり、自分自身が成長し続けない人ほど飽きやすいことになる。

 

そうではなく、人間とし成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、同じものを持ち続けても少しも飽きないのだ。

 

悦ばしき知識   ニーチェの言葉より

 

 

 

そんな文章に出合い、その内容がすぅっとと心の中に入り込み、沈殿していく。

 

元来飽き性だと思っていた自分が結構そうではないかもと思い始めていただけに、ちょっとした驚きを禁じえなかった。

 

最近書いている「自分がするとしたら」「もっと人生を楽しむ」「たいとねばの比率」「別次元の視力検査」「過去を自慢する理由」もいわば「主体性を発揮する」ということに他ならない。

 

言うほど代わり映えのしない毎日を楽しむためには視点を変える必要があり、それは他人から与えられるものではなく自分で獲得するもの。

 

飽きない秘訣も全く同じなのだ。

 

 

広告を非表示にする