抑え込んでる何か

 

言葉違いや振る舞いはどこにいるか、誰といるかで自動的に決まる。

家族といるとき、職場にいるとき、大事な取引先を訪問しているとき、

 

それぞれのシーンで使う言葉やトーン、話し方、立ち居振る舞いは当然のように変わるし、変わらなければならない。

 

それが当たり前だと思っていたし、それこそが重要なことだと信じて疑うことなどなかった。

 

しかし、そこに時間とエネルギーをかけるがあまり抑え込んでる何かがあることに気づいた。

 

感じいいこと、思いやり、丁寧さ、そんなものたちに力をかけることで押さえ込まれていたもの、奪われていたもの、

 

それは、

 

自分らしさや自分でなければできないこと、

 

そんな最も大事なことではないかと。

 

抑え込んでいた何か

 

そこに想いを充て、

 

解放するときが来た!

 

 

今日のアメリカは独立記念日のようだ。

 

広告を非表示にする