ラストマンスタンディング

 

ラストマンスタンディングとは、

 

荒野で撃ち合いの結果、最後に生き残っている一人を指す言葉。

 

黒澤明の用心棒のハリウッド版の話ではない。

 

コロナショックが世界に拡がり、長期化しようとしている。

 

至る所で経済活動がストップし、恐るべきスピードでマーケットがシュリンクしている。

 

経済的な影響が深刻化し、資金が回らなくなり始めた事業が次々と倒れ始めている。

 

何とかして生き残る。

 

何をしてでも。

 

ラストマンスタンディングになる。

 

後はウィナーテイクスオール(勝者の総取り)だ。