灰色のセーター

 

随分昔のこと。

 

アメリカ人の友人が家を訪ねてくれた時にバッグからくたびれた灰色のセーターを取り出して、これを着て写真を撮って欲しいと頼まれた。

 

いいよと言って、灰色のセーターを着て、本棚の前で写真を撮る。

 

その後、一緒に食事をしていると自然と灰色のセーターと写真の話になった。すると、想像を遥かに超えた物語の一部に参加していることがわかった。

 

実際の話である。

 

筆者の友人のアメリカ人は別の友人から頼まれてセーターを持ち歩いていた。そのセーターの元々の持ち主はある男性で、幼い頃から大好きだった祖母の手編みのセーターをとても大切にしていたという。その彼が大病を患ってしまい、一命は取り留めたものの婚約者との約束だった世界一周旅行ができなくなったことをとても悔やんでいた。

 

落ち込んだ彼を励まそうとしてフィアンセが取った行動がなんとも凄い。

 

彼から大切なセーターを借りて、それを失くしたことにして(彼は驚き悲しんだもののフィアンセを責めることもなく許したそう)、そのセーターを様々な友人に頼んでアメリカ中はもとより世界各国に持っていってもらってその国ならではの場所でセーターを着て写真を撮るようお願いしたという。その日本への旅行版が筆者に頼まれたというわけだ。

 

世界一周旅行ができなくなった彼の代わりに彼の分身であるセーターが世界中を駆け巡り(そのせいで元々白いセーターが灰色になってしまったみたいだけれど)、その写真と各人からのメッセージとセーターそのものが結婚式でプレゼントされるのだという。

 

そのシーンを思い浮かべて目頭が熱くなった。

 

二人と灰色のセーターがどうなったかは知らないけれど、

 

今も2人で元気に幸せに暮らしていればいいな。

 

灰色のセーターと一緒に。

 

飽きない秘訣

 

飽きるのは自分の成長が止まっているから

 

なかなか簡単には手に入らないようなものほど欲しくなるものだ。

 

しかし、いったん自分のものになり、少しばかり時間がたつと、つまらないもののように感じ始める。それがものであっても人間であってもだ。

 

すでに手に入れて、慣れてしまったから飽きるのだ。けれどもそれは、 本当は自分自身に飽きているということだ。手にいれたものが自分の中で変化しないから飽きる。すなわち、それに対する自分の心が変化しないから飽きるのだ。つまり、自分自身が成長し続けない人ほど飽きやすいことになる。

 

そうではなく、人間とし成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、同じものを持ち続けても少しも飽きないのだ。

 

悦ばしき知識   ニーチェの言葉より

 

 

 

そんな文章に出合い、その内容がすぅっとと心の中に入り込み、沈殿していく。

 

元来飽き性だと思っていた自分が結構そうではないかもと思い始めていただけに、ちょっとした驚きを禁じえなかった。

 

最近書いている「自分がするとしたら」「もっと人生を楽しむ」「たいとねばの比率」「別次元の視力検査」「過去を自慢する理由」もいわば「主体性を発揮する」ということに他ならない。

 

言うほど代わり映えのしない毎日を楽しむためには視点を変える必要があり、それは他人から与えられるものではなく自分で獲得するもの。

 

飽きない秘訣も全く同じなのだ。

 

 

自分がするとしたら

 
一億総評論家などと揶揄されることがある。

匿名性の高いネット社会が当たり前になり、聞き齧った情報を基にわかったような気分になって誰もがいっぱしの評論家風を吹かせる。

 

「自分がするとしたら」

 

それが魔法の呪文だ。

 

レストランの格付けも上司の仕事ぶりも国家の舵取りもみんな同じ。

 

居酒屋で垂れる上司の悪口も女子会で囁かれる不倫の噂もテレビの情報番組でしたり顔して偉そうに語る政府批判も

 

「自分がするとしたら」

 

の視点はない。

 

逆に、自分がその立場にあったとしたら具体的に何をするのか、何を捨てるのか、何に全力を傾けるのか、それを真剣に考えることになる。

 

「自分がするとしたら」

 

それが情報を集める最も効率的な方法。

 

それが頭を鍛える一番の方法。

 

それが仕事力を高める最高の方法だ。

 

「自分がするとしたら」

 

常にそう考えながら 生きていこう。

 

マンホールコレクション9

 

去年から半期に一回としているマンホールコレクションも9回目を数える。

 

今回はカラーバージョンでお送りする。

 

島根県松江市

f:id:norio373:20170619093935j:image

 

 広島市

f:id:norio373:20170619094037j:image

f:id:norio373:20170619094213j:image

 

山口県周南市(かつての徳山市

f:id:norio373:20170619094250j:image

 

岡山市

f:id:norio373:20170625193745j:image

f:id:norio373:20170625193808j:image

 

 

 

マンホールコレクション6

マンホールコレクション7

マンホールコレクション8

 

 

 

もっと人生を楽しむ

 

もっと人生を楽しむ

 

その視点を持てばいい。

 

昨日のブログでしたいこととしなけらばならないことの比率を考えて、すること全てをしたいことにすればいいと締め括った。(たいとねばの比率)

 

真面目な日本人は人生を楽しむことが悪いこと、仕事をせずに休むこと、遊ぶことは罪であるかのような考えに今だに縛られている。

 

発想の転換が必要だ。

 

勤労はもちろん大事。

 

でも、遊ぶことも同じくらい大切なこと。

 

人生をもっと楽しむ人が増えれば新しい消費が喚起され、活気が生まれ、雇用も創出されていく。

 

この国はもっと明るくなる。

 

我々は21世紀を生きている。

 

いつまでも昭和や20世紀を引き摺っていてはいけない。

 

もっと人生を楽しむ

 

ブレークスルー、

 

そして、日本の復活はそこから始まる気がしてならない。

 

 

 

 

 

たいとねばの比率

 

たいとねばの比率

 

と聞いてもピンとこなくて当たり前。

 

「たい」とは「したいこと」の「たい」。「ねば」は「せねばならぬこと」の「ねば」。

 

日々の生活や人生の中には山ほどの「したいこと」と「せねばならぬこと」がある。

 

誰もが必要性に駆られて、状況に合わせて、優先順位に応じて、その両方を行い、その結果、時間が過ぎていく。

 

逆に言えば、我々の日々の生活、人生は「したいこと」と「せねばならないこと」のどちらかで埋められている。

 

ふと気がつくと、「せねばならぬこと」=「しなければならないこと」に時間が費やされ、毎日がそれだけで終わってしまう。人生が「しなければならないこと」で埋め尽くされてしまう。

 

そこに「したいこと」が入る隙間さえなくなってしまう。

 

処方箋は2つ。

 

1つは、「したいこと」を優先する。

 

「したいこと」をリストアップして、スケジュールに先に組み込んでいく。先に「したいこと」をして、残りの時間で「しなければならないこと」をする。

 

2つ目は「せねばらならぬこと」を「したいこと」に変えてしまうのだ。

 

「せねばならぬこと」は自分の意志と異なることと思うからおっくうになる。そうでなく、「せねばならぬこと」を自分の好きなように、したいようにする。自分流にする。それが鍵。

 

自分が「したいこと」と「せねばならないこと」の比率が幸せ度を決める。

 

前者が多ければ多いほどいいのは言うまでもない。

 

理想は前者が100%になること。

 

仕事も通勤も掃除も料理も歯を磨くのも「したいこと」にすればいい。

 

そのためにどうするか? どう考えるか? どう動くのか?

 

それを考えることもまた「したいこと」と捉えればいい。

 

たいとねばの比率。

 

たい100%を目指したい。

 

 

別次元の視力検査

 

見たくないものは見えない。

 

見ようとしなければ見えない。

 

たとえ目に入ったとしても脳がそれを認識しなければ見えていないのと同じ。

 

不都合な真実は見ようとしないから見えないのだ。

 

世界の至る所で起こっているテロや戦争、貧困や犯罪。国内で起こっている数々の問題、少子高齢化や労働力不足、降り積もる国家の累積赤字・・・自分の身に降りかかってこなければ、所詮は他人事。

 

テレビニュースやネットで事実を知ったとしても脳が認識しなければ何も見えていないのと同じなのだ。

 

それはとどのつまり見ようとしていないから見えない。

 

見ないから見えない。

 

果たして自分の目は本当に物事が見えて見ているのだろうか、

 

そもそも見ようとしているのか、

 

別次元の視力検査をしなければならない。