彩を添える

 

理性的で合理的で道理に合ったものは正しい。

 

そして強い。

 

しかし、

 

頭では理解できて納得できてもなぜか心が動かないことがある。

 

そんな時は「彩を添える」を思い出したい。

 

いくら頭でわかっていても心が動かないと人は動かない。

 

「人は感情(感覚)で決めて、後から論理で正当化するもんだよ」

 

かつての上司の言葉が蘇る。

 

無味乾燥な鉄筋コンクリート剥き出しよりもカラフルな内装の方が好まれる。

 

特に女性には。

 

21世紀は女性の世紀であり、現代は多様性の時代であることを忘れてはならない。

 

彩を添えよう。

 

一つの完成形

 

その人は淡々と話す。

 

目に表情はなく、声に抑揚はなく、ジェスチャーは皆無。

 

それでいて説得力は凄まじい。

 

使う言葉は一つひとつ的確であり、切れ味鋭く、論理は明快。

 

話に回り道はなく、結論まで最短距離を行く。

 

とにかく短い。

 

それでも確実に伝わるし、理解できるし、納得感が半端ない。

 

感情を乗せることなく、合理性だけで勝負する。

 

これはこれで一つの完成形。

 

あとはユーモアと喩え話で彩りが添えられれば最高だ。

 

感情と同調圧力に負けない

 

"trade-off"(トレードオフ 両立できない関係性)とか"collateral damage"(コラテラルダメージ やむを得ない犠牲)とか、とかく日本人が苦手な考え方がある。

 

理解できないわけではなく、うまく消化できないというか、頭ではわかっていてもなかなか飲み込めなかったり、抵抗感がある。

 

恐らく感情や情緒が豊かなのがその要因。

 

人と人との関係性を重んじ、そこに喜びや美しさを感じる能力が高いことで合理的だがドライで人情味の欠けることが受け入れづらい。

 

本当は情緒と合理性は二律背反するものではないし、清濁併せ呑むではないが、両立させることはできるはず。

 

まさにこれからの日本人に必要なこと・・・だなんて思っていたところ脳科学者である茂木健一郎氏の記事を見つけて膝を打った。

 

https://mainichigahakken.net/life/article/dvn1-33.php

 

そう、感情と同調圧力に負けない!

 

 

失う覚悟

 

削ぎ落とし、自然な形になっていく過程で不要なものが省かれていく。

 

その際大事なものも一緒に失ってしまうことがある。

 

しかし、本体に致命的なダメージを与えない限り許容しなければならない。

 

さもなければ大胆な改革、変化を起こせない。

 

生き残っていけない。

 

"Collateral damage "(コラテラルダメージ

 

やむを得ない犠牲

 

何らかの犠牲を払わなければ、

 

失う覚悟がなければ、

 

大きなものは得られない。

 

自然な形

 

ゴルフのスイングを良くしようとする時の大敵は力むこと。

 

飛ばそうとすればするほど力が入りがち。

 

やたらといろんなところが不自然な形になりやすい。

 

そんなときは一度脱力してみる。

 

関節の曲げ方、体の向きや動き方に無理がないか。

 

自然な形になっているか。

 

それを一つひとつ確かめてみる。

 

もしかするとそれはゴルフスイングだけでなく、

 

仕事も生き方も同じかもしれない。

 

削ぎ落とすことから

 

気分良く、好きなように生きるのは楽しい。

 

心地良い。

 

しかし、いつかそのツケを支払わなければならない時が来る。

 

増え過ぎた体重を落とす。

 

崩れた体型を元に戻す。

 

増え過ぎたモノを処分する・・・

 

まずは削ぎ落とすことから始めなければならない。

 

良いものも失う覚悟を決めて。

 

 

東京散策 ー洗足池・戸越銀座ー

先週に引き続き、車を再点検に出してからお出掛けしようとなった。

電車を乗り継いで最初の目的地に到着。

f:id:norio373:20230129142735j:image
f:id:norio373:20230129142741j:image
f:id:norio373:20230129142756j:image
f:id:norio373:20230129142749j:image
f:id:norio373:20230129142801j:image
f:id:norio373:20230129142808j:image
f:id:norio373:20230129142805j:image
f:id:norio373:20230129142811j:image
f:id:norio373:20230129142816j:image
f:id:norio373:20230129142819j:image
f:id:norio373:20230129155742j:image
f:id:norio373:20230129155329j:image
f:id:norio373:20230129155326j:image
f:id:norio373:20230129155335j:image
f:id:norio373:20230129155338j:image
f:id:norio373:20230129155448j:image
f:id:norio373:20230129155451j:image
f:id:norio373:20230129155342j:image
f:id:norio373:20230129155345j:image
f:id:norio373:20230129155348j:image
f:id:norio373:20230129155352j:image
f:id:norio373:20230129155745j:image
f:id:norio373:20230129155454j:image
f:id:norio373:20230129155458j:image
f:id:norio373:20230129155501j:image
f:id:norio373:20230129155505j:image
f:id:norio373:20230129155508j:image
f:id:norio373:20230129155512j:image

お昼は急遽スパゲッティにしよう。

f:id:norio373:20230129155515j:image

サンテイノ
03-3728-5188
https://maps.app.goo.gl/uZVVzXQWQpjJMSst7?g_st=ic

f:id:norio373:20230129155619j:image
f:id:norio373:20230129155622j:image
f:id:norio373:20230129155624j:image

もちもちしていて美味しい!

次はここ。
f:id:norio373:20230129155628j:image
f:id:norio373:20230129155639j:image
f:id:norio373:20230129155635j:image
f:id:norio373:20230129155642j:image

f:id:norio373:20230129175910j:image
f:id:norio373:20230129155649j:image

戸越銀座からJR大崎駅まで歩き、
f:id:norio373:20230129155656j:image

f:id:norio373:20230129180128j:image

帰途についた。

f:id:norio373:20230129161333j:image

約13,000歩、10キロの気持ちの良い散策となった。