彩を添える

理性的で合理的で道理に合ったものは正しい。 そして強い。 しかし、 頭では理解できて納得できてもなぜか心が動かないことがある。 そんな時は「彩を添える」を思い出したい。 いくら頭でわかっていても心が動かないと人は動かない。 「人は感情(感覚)で…

一つの完成形

その人は淡々と話す。 目に表情はなく、声に抑揚はなく、ジェスチャーは皆無。 それでいて説得力は凄まじい。 使う言葉は一つひとつ的確であり、切れ味鋭く、論理は明快。 話に回り道はなく、結論まで最短距離を行く。 とにかく短い。 それでも確実に伝わる…

感情と同調圧力に負けない

"trade-off"(トレードオフ 両立できない関係性)とか"collateral damage"(コラテラルダメージ やむを得ない犠牲)とか、とかく日本人が苦手な考え方がある。 理解できないわけではなく、うまく消化できないというか、頭ではわかっていてもなかなか飲み込め…

失う覚悟

削ぎ落とし、自然な形になっていく過程で不要なものが省かれていく。 その際大事なものも一緒に失ってしまうことがある。 しかし、本体に致命的なダメージを与えない限り許容しなければならない。 さもなければ大胆な改革、変化を起こせない。 生き残ってい…

自然な形

ゴルフのスイングを良くしようとする時の大敵は力むこと。 飛ばそうとすればするほど力が入りがち。 やたらといろんなところが不自然な形になりやすい。 そんなときは一度脱力してみる。 関節の曲げ方、体の向きや動き方に無理がないか。 自然な形になってい…

削ぎ落とすことから

気分良く、好きなように生きるのは楽しい。 心地良い。 しかし、いつかそのツケを支払わなければならない時が来る。 増え過ぎた体重を落とす。 崩れた体型を元に戻す。 増え過ぎたモノを処分する・・・ まずは削ぎ落とすことから始めなければならない。 良い…

東京散策 ー洗足池・戸越銀座ー

先週に引き続き、車を再点検に出してからお出掛けしようとなった。 電車を乗り継いで最初の目的地に到着。 お昼は急遽スパゲッティにしよう。 サンテイノ03-3728-5188https://maps.app.goo.gl/uZVVzXQWQpjJMSst7?g_st=ic もちもちしていて美味しい! 次はこ…

心を込める

一つひとつの仕事に心を込めているか。 一つひとつの行動に心がこもっているか。 一つひとつの発言に心が込められているか。 何も考えず、ただ単にしなければならないことだけをし、言いたいことだけを言い、したいこととしなければならないことだけをしては…

キモの肝

「この表現、キモ」 「化学反応式が長くて、キモ」 「数学の式と解答が合わなくて、キモ」 最近の高校生はなんにでも気持ち悪いの略の「キモ」を使うらしい。 流行り言葉のように多用される「キモ」は時代の何とマッチし、表しているのだろう? デジタルの世…

全てのことは

All things work together for good.(全てのことは善に向かって共に働く)とは、旧約聖書「ローマの使徒への手紙」8章28節の一節。 と言っても、筆者はキリスト教信者ではない。 Netflixの人気ドラマ「マニフェスト」の中で象徴的に使われる「828」という数…

手袋とタイツとカイロと

記録的な寒波が日本列島を襲っている。 https://news.yahoo.co.jp/pages/20230123b?zenkoku 東京もマイナス3度の朝を迎え、空気が刺すように冷たい。 普段しない手袋をはめ、ヒートテックのタイツで身を固め、使い捨てカイロを装備し、青空が広がる世界へい…

宙ぶらりんを断つ

いろんな事情があるとしても宙ぶらりんが一番悪い状態。 たとえ、落ちようが、途中で受け止めようが、宙ぶらりんの糸は断ちたい。 決めて、 断つ。 「決断」をしてはじめて次の行動に移れる。

敢えて離れる

課題があるとする。 解決しなければならない問題だったり、改善が必要な要素だったり、乗り越えなければならない試練であったり。 それらのことを考えて考えて考え抜くのは一つの方法。 仕事中はもちろん、週末もお盆も正月の間も四六時中絶えず考え続けて答…

東京散策 ー松蔭神社・豪徳寺・世田谷城跡・世田谷代官屋敷ー

車検から戻ってきた車のハンドルを握ると急にドライブに気分になった。 行き先は前から行きたかったこの辺り。 車を停めて散策を開始した。 松蔭神社 豪徳寺 世田谷城跡 世田谷代官屋敷 松蔭神社商店街 思いがけない散策も楽しいひと時となった。

わからないと言う勇気

「わからないなぁ」 その人が言う。 何かがわからないという状態は誰にでもある。 なのに、わかったような気がしたり、わかったふりをしてその場が通り過ぎるのを待つ人のなんと多いことか。 特に大勢の前で説明を受けた時に理解ができないとそうなりやすい…

簡単を取る

簡単を取る と言っても、難しい道と簡単な道なら簡単な道を選ぶという意味ではない。 Take it easy. という英語の表現の直訳。 この英語表現は、挨拶代わりになるほどよく使われる。意訳をすれば、気楽にね、とか、気にしないで、とか、楽観的にいこう、とい…

使い切ると見切るの間で

最近「使い切る」と「見切る」の間で葛藤が続いている。 香りが好みではない全身シャンプーを使い切ることに決めて使い切った。歯磨きも同じだ。 何であっても使い切ることには達成感があるし、持続可能な社会が求められる時代において「もったいない」は世…

一番大切なこと

ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えないんだ。 サン・テグジュペリの「星の王子さま」にある有名な台詞である。 星の王子さま (新潮文庫) 作者:サン=テグジュペリ 新潮社 Amazon 科学が進歩するにつれ、我々は…

未来へのつどい

阪神淡路大震災が起こってから今日で28年を迎えた。 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202301/0015971256.shtml どんなことにも当て嵌まるのだろうが、当事者にとっては忘れることのない出来事。 忘れるべきことでもない。 「皆さんのご両親は阪神・淡…

ギリギリを超えた時に

ギリギリを超えた時に、 その人の弱いところが出る。 本性が表れる。 だからこそ鍛えなければならない。 弱いところを。 自分の嫌な部分を。 ギリギリのラインを拡げながら。

梅干し復権に向けて

Yahoo!ニュースでこんな記事を見つけた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/54ae608e27b823431e562b737e3a1919020acda8 個人的には梅干しのない食卓は信じられないが、世間でその存在感が薄れてきていたのは何となくわかっていた。 「白米の友」としての地…

誰かのフィルター

インターネットの出現で世界はあっという間に情報化社会になった。 検索というマジックを使うことで何かを知っているという価値は以前と比べると相対的に下がったけれど、ネットで検索した情報が真実かどうかはわからない。 ましてや誰かのフィルターを通し…

143,383と11,241

143,383 とは、今日1月13日に判明した全国の新型コロナ陽性者の数。 新型コロナウイルス感染症による死者は新たに523人確認され、過去最多を更新した。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2023011300891&g=soc 11,241 とは、今日1月13日に判明した東京で…

意外性の功罪

地下鉄の正面に座っている50代後半から60代と思しきおじさんが少女漫画を読んでいる。 意外性は時に心を揺さ振り、新しい価値観を植え付ける。 それが恋の始まりになることがあれば、商品購入のきっかけになることもある。はたまたユニークな商品やサービス…

夢追う人達の歌

桑田佳祐の「SMILE 〜晴れ渡る空のように」が心に染み渡る。 https://youtu.be/ThVAJuQQTXU https://www.uta-net.com/song/304819/ 晴れ渡る空を見上げ、夢追う人達の歌を何度も何度も口ずさもう。 ここから未来を始めよう。

淘汰のプロセス

淘汰のプロセスは、厳しく無惨であるが、同時に適正化のプロセスでもある。 自然の変化に合わせて生き残るものは進化し、そうでないものは淘汰される。 変化に抗おうとするのではなく、自分を進化させることに集中すればいい。 淘汰のプロセスは、適正化のプ…

戸締まりをして 東京散策 ー新宿・戸山公園・早稲田・高田馬場ー

戸締まりをして、新宿に向かった。 祝日の朝の新宿はシンとしていて気持ちがいい。 感動の映画を観た後、新宿散策をしているとラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の終焉の地を発見。 更に歩いて 箱根山を登頂し、 徳川家の戸山荘跡を通り過ぎ、 放生寺で祈願。…

野菜に喩えると

野菜に喩えたら何? そんな会話をして家族で盛り上がった。 お父さんはゴボウかなあ。 お母さんはミニトマトかなぁ。 息子はセロリかな。 娘は人参? いや、レモンかなあ。 お父さんは、大根かゴボウかレンコン・・・ 根菜だね。 花や動物に喩えたり、魚で言…

キラキラの素

昨日のブログで輝く人になるために必要なことを書いた。 https://norio373.hatenablog.com/entry/2023/01/06/215802 「ゼロウェイスト」(ゴミを出さない)を謳っている京都のスーパーマーケット「斗々屋」で働いている人たちがキラキラしていた。 東京 国分…

輝く

要するに、輝くということは、ただちょっと偶然に立ち話をしたような他人にも元気を与えるということだ。だから人間は輝いてないといけないのだが、それは簡単ではない。 村上龍 キラキラしている人がいる。 その人と話すとなぜか元気になる、また話したくな…