読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神々の国の首都

 
岡山から北に向かう。
 
その名もやくも号。
 
f:id:norio373:20161126221024j:image
f:id:norio373:20161126221039j:image
 
f:id:norio373:20161126221650j:image
f:id:norio373:20161126221711j:image
f:id:norio373:20161127002635j:image 
 
出雲に到着。
f:id:norio373:20161127002713j:image
f:id:norio373:20161127002733j:image
f:id:norio373:20161127002756j:image
f:id:norio373:20161127002814j:image
f:id:norio373:20161127002835j:image
f:id:norio373:20161127002847j:image
f:id:norio373:20161127003013j:image
f:id:norio373:20161127003035j:image
 
松江、宍道湖(しんじこ)
f:id:norio373:20161127003105j:image
f:id:norio373:20161127003124j:image 
f:id:norio373:20161127003049j:image
  
小泉八雲ことラフカディオ・ハーンによると出雲、松江は「神々の国の首都」。
 
思いがけぬことで彼の地を訪問することになったのはいいけれど、観光する時間はなく、会いたい人にも会えず、何もかも仕切り直しとなった。
 
それでも首都の威厳や貫禄は空気からも食材(贖罪)からも自然に伝わってくる。
 
必ず近い将来再上京しようと自らに誓った。