読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えの筋道という物語

 

考えの筋道が通っている人の話はわかりやすい。

 

それに説得力がある。

 

逆に、言いたいことをたくさん羅列するような話し方は、情報量は多くとも浸透率は決して高くないし、ましてや人の心を動かすことは望めない。

 

その本質的な違いは、物語がそこにあるかどうかだという気がした。

 

我々はどこから来て、どこへ行くのか。

 

それが人類を最も魅了する問いであり、その答えが物語という形式を取るならば、物語こそ最強の伝達手段と言っていいはず。

 

考えの筋道を通すことは物語を語るということ。

 

我々はもっと物語を語ればいい。

 

語ろうではないか。