読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方の発露

 

同じ「糸」でも歌う人によって全く印象が異なる。

 

昨日のブログでそう書いた。(糸)

 

中島みゆきの声は綺麗とか美しいというよりは「凄い」。

 

大海の底知れない深みが神秘性と愛情をたたえ、宇宙まで屹立するかの如く聳え立つ塔が果てしなく高く、巨大で悠然としている。崇高さがあり、狂気が共存する。

 

そんな印象を受ける。

 

ふと思う。

 

「あの人はいい声をしている」とか「あの人の声は渋みがある」は偶然ではない。

 

人の声は決して生まれつきではなく、その人がどう生きてきたのか、何を経験してきたのか、その総決算。成績表。生き方の発露。

 

そう考えると、顔も姿勢も歩き方も同じこと。

 

自分の日々の生き方が知らず識らずのうちに「露われて」いる。

 

居住まいを正したくなった。